2017年の仮想通貨について、なぜバブルはきた?

2017年、仮想通貨は莫大なバブルを迎え、儲かった人も多かったと思います。
なぜあのようなバブルが起きたのか、私なりの考察を書いていきたいと思います。
そもそもビットコインはいつできたのでしょうか。

2017年になるまで名前すら聞いたことがない人も多かったように思います。
かくいう私も2017年春ごろに30万円ほど投資をしまして、結果年末には300万円ほどの資産になっていたので本当にバブルですよね。

まず、ビットコインは2000万枚程度しかこの世に存在しません。
日本円やアメリカドルはいくらでも刷ることができますが、ビットコインはこの2000万枚という発行制限があるため、希少価値が生まれます。

もちろん円やドルの価値も為替によって動いていますが、ビットコインは発行枚数が顕著に少ないため値動きも激しいです。
私は仮想通貨にバブルをもたらしたのは日本人の仕業だと考えています。

日本人は投資リテラシーが高いとは言えないです。投資=リスクと考えがちで投資を行っている人の割合は20%程度だと言われています。
しかし、銀行に預金するよりは投資は賢い選択だとも言われています。

日本人はリスクを恐れがちです。
しかし、周りの人間が一斉にビットコインを騒ぎ立てれば、俺も儲かるかも!といったような具合にすぐ始めます。周りに合わせる国民性でしょうか。
周りが手を出してからようやく手を出すような性格ではないでしょうか。

「今買わないと遅いよ」という投資初心者の口コミが蔓延し、またメディアがCM等を使って煽る、このコンボによって仮想通貨を購入した日本人は非常に多いと思います。
これが起きたのが2017年年末頃です。
1か月にして1ビットコインが100万円から200万円を超えるレベルで上昇したのは記憶に新しいと思います。

そのあと2018年年初から暴落していったことで、バブルだったといわれています。
外国人も一斉に投資した背景は少なからず、あるとは思いますが、実際私の周りでも、ビットコインを購入した人も多数いました。

タイミングの遅かれ早かれはありましたが、大半が儲けており、流行りに乗るのが遅れたいわゆる年末組はみんな損していました。
投資リテラシーが低い人がいきなり投資を始めても海外のプロから利益を取るというのは難しいかもしれません。

次のバブルはどうなるのか、楽しみにしています。

タイトルとURLをコピーしました