副業で仮想通貨売買をすることのメリットと注意点

突然のコロナ禍で給料が減ってしまった人も多いのではないでしょうか。それを補うために副業をやっている人も多いです。仕事を抱えているので、副業といっても、隙間時間に簡単にできるものでなければなりません。仮想通貨の取引が注目されています。

仮想通貨を副業としてやることのメリットは大きいです。どのようなメリットがあるのでしょうか。まずスマートフォンさえあれば、どこでもできるということがあります。通勤電車の中や空き時間で、仮想通貨を購入したり売却したりすることができます。

株式投資は市場が閉まってしまえば取引ができません。仮想通貨取引は24時間いつでも好きな時間に行うことができます。これは大きなメリットです。仮想通貨を購入して、それを持っているだけで利益が出ることもあります。仮想通貨は暗号資産とも呼ばれますが、利益を出すためには、安い時に買って高い時に売るのが基本です。

24時間、秒単位で仮想通貨の価値が上がったり下がったりします。これは単純に需要と供給のバランスです。金への投資と似た面があります。金の需要が大きければ大きいほど、金の価格は上昇します。需要が減ると金の価格は下落します。仮想通貨も全く同じ原理で動いています。

仮想通貨を購入してから、その価値が上昇すれば、すぐに売却して利益を出すことができます。副業の手間もほとんどかかりません。そのため日本でも仮想通貨投資を行う人がどんどん増えてきているようです。

近年は仮想通貨を巡るトラブルが増加しています。仮想通貨投資の話を持ちかけられ、サイトで登録し、送金したのに仮想通貨購入が反映されないといったトラブルが続出しています。これに関連して消費者庁が異例の注意喚起を行っています。

仮想通貨を使ったビジネスは始まったばかりで、その実態がまだ解明されていません。仮想通貨詐欺といっても、それを立証すること自体がなかなか難しいです。暗号資産を取り扱う会社の選択がとても重要です。ネットの口コミ情報で業者の評判をしっかりチェックしなければなりません。

仮想通貨の維持管理にはブロックチェーンという極めて高度な暗号技術が使われています。仮想通貨の管理会社が存在するわけではありません。利用者が相互に監視をすることで成り立っている特殊なバーチャル銀行です。

口コミ情報では、「仮想通貨を含む金融サービスに関する相談窓口金融サービス利用者相談室」というのがあるので、仮想通貨詐欺にあったら、すぐにこちらに連絡しましょう。被害にあった金額の返金相談もできます。

タイトルとURLをコピーしました