仮想通貨に潜むリスク

潜むリスク、何を行うにしても検討すべきところでしょう。
特にお金に関する部分に関しては重要です。そこにつけても仮想通貨と言うのは仕組み、スキームの面から非常に重要なポイントがあります。それはなんといっても国や管理人がいない通貨になるからです。もちろん取引所はありますが。

どのようなリスクがあるかを具体的に挙げていきたいと思います。
例えば取引所が破綻してしまったとしましょう。その時に取引所に預けていた仮想通貨が引き出せなくなったり、せっかく現金に引き換えることができるにもかかわらず一切の価値を失ってしまうことになるのです。もちろん仮想通貨そのものが消えてしまうことになれば元も子もありません。

次に悪意を持った第三者によって攻撃をされる店です。
インターネットでこのような仮想通貨は簡単に攻撃を受けてしまいます。セキュリティーを止められてパスワードを読み取られた場合に仮想通貨が盗まれてしまうこともあるでしょう。ここで通常の銀行であれば保証してくれる場合もありますが、仮想通貨についてはこのような保証は誰もしてくれません。あくまでも個人席になってしまいます。

もちろん自分自身でパスワードを管理していてそれがわからなくなったとしてもどのようにしてそれを回復するかは非常に大きな問題になるでしょう。

このように仮想通貨については様々なリスクが潜むことが大きな問題になっています。もちろん世界でかなりの仮想通貨が流通されるようになってから取引所も安定し仮想通貨についてもかなり淘汰されているので安心だと言う考え方もありますが、根本的な仮想通貨のスキームわかっていないのです。

もちろんちょっとしたコンピューター空間で交易の通貨として仮想通貨を利用する位であれば特に問題ないでしょう。しかしながら投資家が自らの資金をリスクを負って投資をするにはある程度の覚悟を持って望まなければなりません。それだけに仮想通貨が持つリスクを考えた場合には、すべての投資を仮想通貨に回すことを避け、分散投資を考えなければなりません。

これからも様々な場面で仮想通貨の役割が大きくなっていくと考えられます。しかしながらいざ取引を行う場合にはどのようなリスクが潜んでいるのか、どれだけのリスクを受け取らなければならないのかをきちんと考えつつ、自分自身が投資できる範疇で仮想通貨に向かい合うことが非常に重要なポイントになってくると考えられます。 

タイトルとURLをコピーしました